健康診断とは

健康診断のイメージ写真

診察および各種の検査を通じて健康状態を評価することで、健康の保持や、生活習慣病をはじめとする疾病の予防・早期発見に役立てるものです。一般的に自覚症状などがない方が対象で保険診療は認められません。

健康診断にはいくつか種類がありますが、主に平成20年度から法律で決められた「特定健康診査(特定健診)」、労働安全衛生法に基づく「雇入時の健診」や「定期健診」などの企業健診、自費による健康診断(自費健診)になります。

検診とは

健診と検診、これは漢字の間違いではありません。
「健康診断=健診」が健康状態を調べたり評価したりするのに対して、「検診」は特定の病気 例えば癌 骨粗鬆症等を早期発見するための検査です。

あわかわ内科クリニックで受けていただくことができる主な健診・検診

さいたま市の特定健康診査(のびのび健診)

生活習慣病(心臓病や脳卒中、糖尿病など)を引き起こすとされるメタボリックシンドロームの予防、改善のために行う健診になります。

対象者

さいたま市国民健康保険加入者で、当年度末までに40歳~75歳の誕生日前日までの方
※一部施設を除き、施設に入居中の方は受診できません。

費用

無料
※予約および受診の際は、対象者の方に送付される「特定健康診査受診券」と「保険証」をご用意ください。

基本的な項目

  • 問診・診察・身体計測(身長、体重、腹囲、BMI)
  • 血圧測定
  • 脂質検査(中性脂肪、HDLコレステロール、LDLコレステロール)
  • 肝機能検査(AST(GOT)、ALT(GPT)、γ-GT(γ-GTP)
  • 腎機能検査(尿たんぱく、尿酸、クレアチニン、eGFR)
  • 心電図検査
  • 貧血検査(赤血球、血色素量、ヘマトクリット)

さいたま市の後期高齢者健康診査

生活習慣病(心臓病や脳卒中、糖尿病など)を引き起こすとされるメタボリックシンドロームの予防、改善のために行う健診になります。

対象者

さいたま市国民健康保険加入者で、75歳以上の方
※一部施設を除き、施設に入居中の方は受診できません。

費用

無料
※予約および受診の際は、対象者の方に送付される「後期高齢者健康診査受診券」と「保険証」をご用意ください。

基本的な項目

  • 問診・診察・身体計測(身長、体重、腹囲、BMI)
  • 血圧測定
  • 脂質検査(中性脂肪、HDLコレステロール、LDLコレステロール)
  • 肝機能検査(AST(GOT)、ALT(GPT)、γ-GT(γ-GTP)
  • 腎機能検査(尿たんぱく、尿酸、クレアチニン、eGFR)

医師が必要と認めた場合に実施する項目

  • 心電図検査
  • 貧血検査(赤血球、血色素量、ヘマトクリット)

雇入時の健診、定期健診

当院で行う企業健診、雇入時の健診および定期健診の主な内容は以下の通りになります。

雇入時健診

事業者は常時使用する労働者を雇い入れる際は、その労働者に対して、下記の項目について、医師による健康診断を行わなければなりません(労働安全衛生規則第43条)。

  • 既往歴、業務歴の調査
  • 自覚症状、および他覚症状の有無の検査
  • 身長、体重、視力、聴力の検査、および腹囲の測定
  • 胸部X線検査
  • 血圧の測定
  • 貧血検査(血色素量、赤血球数)
  • 肝機能検査(ALT、AST、γ-GT)
  • 血中脂質検査(LDLコレステロール、HDLコレステロール、血清トリグリセライド)
  • 血糖検査(空腹時血糖、またはHbA1c)
  • 尿検査(尿中の糖、および蛋白の有無の検査)
  • 心電図検査

定期健診

事業者は年に1回(深夜業や坑内労働などの特定業務従事者は年2回)以上、定期的に下記項目の健康診断を行わなければなりません(労働安全衛生規則第44条)。

  • 既往歴、業務歴の調査
  • 自覚症状、および他覚症状の有無の検査
  • 身長、体重、視力、聴力の検査、および腹囲の測定
  • 胸部X線検査、および喀痰検査
  • 血圧測定
  • 貧血検査
  • 肝機能検査(ALT、AST、γ-GTの検査)
  • 血中脂質検査(LDL コレステロール、HDLコレステロール、血清トリグリセライド)
  • 血糖検査(空腹時血糖、またはHbA1c)
  • 尿検査(尿中の糖、および蛋白の有無の検査)
  • 心電図検査

※身長・腹囲、胸部X線、喀痰、貧血、肝機能、血中脂質、血糖、心電図の各検査については、医師が必要でないと認めた場合には、省略することができます。

自費健診について

健康診断を目的とした検査を受ける場合、健康保険は適用されません。
そのため「自費」による健診(自費健診)となります。なお、検査項目についてはご自身で選択することができます。

また自費健診の結果、何かしらの病気が発見された場合には、以後、その病気の診療につきましては健康保険が適用されます。